カルシウムの効能 過剰症に注意する

カルシウムは丈夫な歯や骨を作ります。マグネシウムや鉄などのミネラルのうち、人間の体のなかで最も多い成分で、体重の1~2%ほどもあります。カルシウムの99%は歯や骨に存在し、これを構成しています。残りは心臓の機能や筋収縮、血液の凝固などに使われ、なくてはならないものです。カルシウムが不足すると、骨からこれを補うために成分が放出され、骨粗鬆症になることは、良く知られています。カルシウムの効能は、骨粗鬆症の他にも、骨軟化症、低カルシウム血症に対しても有効です。またカルシウムの効能は、脳への情報伝達を正常にし、神経を安定させる働きもあるので、ストレスの緩和、生理不順にも役立ちます。体に有効なカルシウムの効能ですが、多く摂取し過ぎると、過剰症を引き起こします。過剰症は、一日4000mg異常を摂取すると、便秘や結石の原因ともなり、甲状腺機能障害を引き起こしてしまうこともあります。体に良いからといって、サプリメントなどで、多く摂り過ぎないようにします。

 

カルシウムの効能は牛乳を加熱しても大丈夫

生理不順の改善に役立つ栄養素の中に、カルシウムがあります。
一般的に広く知られているカルシウムの効能としては、骨を丈夫にするといったイメージが強いですが、それだけではありません。
生理痛や生理不順などの原因の一つにも、カルシウム不足があげられるのです。
また、血液中のカルシウムが不足すると、ホルモンバランスの乱れを促進し、イライラしてしまったりと、ストレスの原因にもなります。
カルシウムの効能の中には、ホルモンの伝達を助けたり、ホルモンバランスを整えてくれたりする効果があります。
生理不順にも効果的なカルシウムですが、慢性的に不足しがちな栄養素の一つです。
牛乳などを加熱しても、カルシウムが失われることはありませんので、冷え性の方は加熱して温かい状態で摂取しても大丈夫です。
ただ、牛乳だけで必要なカルシウム量を摂取することは難しいので、大豆や魚介類などをバランスよく食べるようにしましょう。
カルシウムの効能は、ダイエットなどにも良い影響を与えますので、カロリーが高いからといって牛乳などの乳製品をあまり控え過ぎないことも重要です。